スキップしてメイン コンテンツに移動

建日向日豊久士比泥別の謎①

「林兼明 神に関する古語の研究」 最終章より,以下の著述を発見した。
とりあえず、そのまま書いておく。解説は後日。


日本民族が天日を仰望讃歎して東遷運動を起してより最先第一に逢着せる憧纉の瑞島は即ち筑紫の島なりき、 故れこの島をその理想によりて 「日の国」 と名づけたり。
筑紫国、 豊国、 熊曾国等は後世その「日の国」の別称又は地方的特称として追補せられたるものなり。然して「肥国」は原語のま、に正しくその遺影を伝えたるものなり。
 この筑紫の四面の名の等しく 「日の国」 なる同一根源より出でしとは、 古事記に明記せる右の別名即ち白日別、豊日別、建日向日豊久士比泥別、建日別の名によりて確証せらるるものなり。
なほこの別名中「肥国を建日向日豊久士比泥別と謂ふ」とある古事記の原文に何等かの錯簡あるが如く論ずる学者あれども、そは然か論ずる学者の頭脳に錯誤あるなり。茲に 「肥国」を挙げて別に「日向国」を挙げざるは、両国共にその本は「日の国」にあり、「肥」の字は単に「日」の意を表はす為の借字たるのみなるが故なり、即ち曰向を脱落せるにあらず「日向」と「日の国」と全く同一同義同一境域なるが為なり。
 抑も筑紫といひ、豊といひ、曾といふ、その始めは何れも別に地方区画を指ずの名にあらず、単に「日の国」、即ち「肥の国」の形容修飾の語たりしなり。然るに後世、 国郡制置の頃に及び、便宜上その形容修飾の語を分ちてその小区画の名に借りたるのみ。然れどもその原義の消滅泯亡せざらんが為に、懇篤にも古事記には白日別以下の別名を附して曩始の大本を顕示したるなり。
このうち「建曰向日豊久士比泥別」の名は「建日 向日 豊奇曰 根別」の義にして 「等しく天日により天日を以て国を称ヘたる中にも、この 「肥の国」 はその名の基づく根本を示国名なるぞ」と云へるなり。

かくて後ち、この「日の国」のうち東面直ちに旭日に向ふ反面を割きて「日向国」と称ヘ別け、筑紫、豊、熊曾等を次々に宣り別けたるなるベし。 但しこの日向国は「日の国」と一身同体同義なるより、時に「日の国」 即ち上古の筑紫洲の総名にも用ひられたること多かるベし、乃ち古事記神代巻の 「筑紫日向の橘の小門の阿波岐原」 ゃ 「筑紫日向髙千穂の久士布流多気」 等のH,何は
九州の総名なるベく、 またこの場合の筑紫は恰も日向の修飾語の如き用を成せり。 (筑紫は筑石磐座=神籠石に祀れる国名なる事後に述ベたり)
かくてこの筑紫に起りし「日の国」の名が大八洲の原始的総名となりしは別に怪しむに足らず、その発源の理由に基づく必然の成行きなりとす。
^3) 日本書妃景行編
「十七年春三月云々、幸児湯県遊于丹裳小野、時東望之、謂左右曰、 是国也、直向日出方故号其国曰日向也」
 この一節の書紀に範りたるは全く天祐と云はむか、神助といはひか、 実に日本の大いなる幸ひなりき。 そは 「日の国=日向」の正しき原義を遙に悠遠の彼方に光り望み得るが故なり。 但し「日向」なる国名を,この時景行天皇の始めて命名し給ヘるものにはあらず、そは天皇西征の沿道、国の大名より地方の小名に至るまで、地名悉く具備して書紀に明記せられたるに独り国家発祥の大祖国なる日向のみ国名地名の未だ無かりしといふこと信ぜられざるが故なり。
 ただに景行天皇の御時たるにとどまらず、既に神武天皇の御代、否更に遡りて遙に悠遠の神代の時既に「曰向」の名は是ありしなり、「日の国日向」の名は日本民族の発祥と共にあり、日本国と共に之有りしなり。



コメント

このブログの人気の投稿

岩津の「鯰の歌碑」の謎

徳島市内から国道192号線を池田方面に走り、川田を過ぎたあたりで、川幅がぐっと狭まり、吉野川は「岩津の淵」を成す。 平成五年に橋が架け替えられて、現在では面影も見えなくなってきているが、近世まで南岸の山川町と北岸の阿波町を結ぶ渡し場として、また吉野川を行き来する船舶の停泊地として利用されてきた。河口から40km遡って、川幅が一気に150mほどに狭まるこの地は、古来交通の要所であり、現代ならさしづめ、トラックターミナル、サービスエリアというところである。
さてほとんど素通りしそうなこの橋の北詰の西方に艀(はしけ)の遺跡や石灯籠が確認できるが、そこに不思議な「歌碑」が立っている。阿波市観光情報(四国ネット)に説明がある。

『古代文字「鯰の歌碑」
 郷土の先哲、忠君愛国の歌人岩雲花香翁が孝明天皇(1831~1866)に拝謁後、全国遊説中記念に自作自筆の詩を彫刻させ、この地に建立しました。岩津の淵の主であるといわれる大鯰にたとえて、日頃は目立つことがなくとも一朝事あるときは社会に貢献できる人間になってほしい、と書かれています。』

『郷土の先哲!忠君愛国の歌人!幕末に天皇陛下に拝謁後に遺した!神代文字の石碑!』
このキーワード群に惹かれて、「百聞一見」と期待満点で出かけてみたが、石碑もそこに書かれている文字もなんというか風変わりで風格がない。神代文字というより、ハングル文字にみえる。帰宅してすぐに好奇心でネットに潜った。

岩雲花香(いわくもの はなか)

国学者、歌人である。17歳の時遊学の旅に出て諸国を回り、行く先々で国学者、歌人、文人らと会い、 国学を語り、和歌を交換した。 江戸で平田 篤胤に入門し、篤胤の学説である皇統無窮と尊王攘夷論の影響を強く受けその思想を 伝えて旅をした。篤胤の神代文学存在説を信奉し、研究を重ねて神代楷書の新50音図を創案。 岩雲花香の出身地、岩津(現阿波町)にある杉尾神社には自らが建立したという神代文字の歌碑がある。 また、稲田家の家臣に大きな影響を与え討幕活動の指導者を育てた。著書には、「八日の日記」 歌集「花鏡」などがある。 ●参考資料/(財)とくしま地域政策研究所「吉野川事典」

阿比留文字でこう書かれているらしい。
「波の間に い出て見えなむ つぬさはふ 岩津の淵の 底の鯰は」
時代背景と思想を鑑みてこの短歌の内容を考察してみた。 現代意訳「世の中が揺れはじめ…

イスラム共栄圏の幻想

テロ集団の暗黒面に陥ったイスラム国、この地域の再生にキーとなる国はトルコであろう。
アラブの熱狂的な若者が欧米に屈せず結果的にアジアを独立せしめた民族とおもっているなら、今回の日本の対応に、大きく失望しているとしても理解できる。だからこそ、日本は今回トルコに逃げ込んだ難民支援を中心に、トルコと協調して、中東の未来のために、他人事でなく考えられる国であって欲しい。日本にとっても米軍の占領下で始まる第三次世界大戦は武力だけの戦いではないし、敵が旧領や劣赤蝉帝国であろうはずもない。
欧米におもねず、独自の宗教、民族文化をもつトルコが中東和平に貢献していく姿を具体的にイメージするために、近代の中東の歴史を振り返ってみたい。

オスマン-トルコは18世紀から、ヨーロッパ社会の軍事、宗教、経済、文化の圧力におされついに、第一世界大戦の結果分割された。






と各所からいただいてきた資料をまとめると、現在中東の課題となる国の成り立ちは以下となる。
ヨルダン イラクは英国によりオスマン帝国から独立シリア レバノンは同じくフランス領を経て独立パレスチナは英領を経てユダヤ移民によるイスラエル建国 そして数次にわたる中東戦争、イランイラク戦争、イラク戦争、現在のアラブの春~イスラム国紛争まで、欧米と中東アラブには傷癒えぬ歴史が横たわっている。
。。。